HOME > IBS(過敏性腸症候群)でお困りの方へ 

ストレスなどが原因で、慢性的に下痢や便秘、腹痛をくり返す疾患をIBS(過敏性腸症候群:Irritable Bowel Syndrome)といいます。

ある調査によると、5人に1人が過敏性腸症候群の症状を感じていますが、そのうちの25%しか病院を受診していないと言われています。適切な治療を受けないでいると、学業や仕事にも支障をきたし、生活の質が低下する恐れがあります。

当院ではじっくり話を聞いた上で、生活習慣の改善・食生活の見直しのアドバイスをおこない、症状に応じて治療薬(腸管運動調整剤、漢方薬、ストレスなど心因的要因が強い時には抗不安薬、自律神経調整薬など)を処方いたします。また、認知行動療法、自律訓練法などの心理療法によりストレスを回避する手法の習得をおこないます。

まずはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
もしくは受付時間内に直接おこしください。